なんで環境にやさしい乗り合い交通機関を使った方がいいの?
サステナビリティ

なんで環境にやさしい
乗り合い交通機関を使った方がいいの?

過去100年以上にわたって、人類はさまざまな行為によって天然資源を劣化させ、環境に悪影響を及ぼしてきました。自動車などの乗り物の普及により、その被害は拡大する一方です。その結果、今私たちは環境への影響や変化を目の当たりにしており、持続可能で環境にやさしい方法をいかに取り入れるかに焦点を当てざるを得なくなっています。環境にやさしい公共交通やモビリティは、持続可能な方法のひとつ。今回は、なぜ環境にやさしい交通機関を使った方が良いのかについてみていきたいと思います。

移動は現代の人々にとって不可欠なもの。それゆえ、自動車が発明され、自家用車の需要が高まったのはここ数十年のことです。今日では、歴史上かつてないほど多くの人々が自動車を所有しています。しかし、自動車は地球に眠る化石燃料を予想以上に早く消費し、環境を汚染しているという事実に気づくようになりました。

環境にやさしい選択肢や持続可能性が大切だと思うのであれば、旅行でも環境にやさしい乗り合い交通機関を選んでみましょう。公共交通機関などの多くの人を一度に運べるような乗り物を選ぶことで、世界を探検する際の二酸化炭素排出量を、最小限に抑えることができます。

乗り合い交通機関を利用するメリット


簡単で便利

持続可能な乗り合い交通機関を選ぶべき理由の一つ目は、簡単で便利だから。旅行中はスムーズにスケジュールを進めたいもの。時間通りに到着する公共交通機関を活用しない手はありません。事前に、Bookawayのようなプラットフォームで旅先のバスやフェリー、列車を事前に予約しておけば、旅行中に移動手段の心配をする必要もありません。時間だけでなく、お金、そして長い行列に並ぶ労力も節約できます。

環境にやさしい

乗り合い交通機関を選ぶことは、道路を走る車が1台減ることを意味します。今日、ほとんどの乗り物は化石燃料を使用しており、これが地球に大きな影響を与えています。タクシーや自家用車で移動する代わりに、バスや電車で移動することで、車1台が排出する廃棄物を削減することができます。バスやフェリーなどはもしあれば電気式のものを選ぶと良いでしょう。

騒音が少ない

自動車ではなく公共交通機関で移動することで、二酸化炭素排出量を減らすだけでなく、騒音公害も減らすことができます。多くの都市では交通渋滞が発生していますが、その際にクラクションが鳴り響くことも。乗り合い交通機関を選べば、車が1台減ることになるので交通渋滞の問題も軽減することができます。車の代わりに電車やバスの旅を選べば、車窓からの景色も楽しむことができます。

道路建設を減らす

環境にやさしい乗り合い交通機関を利用することは、インフラ整備の必要性の負のループを断ち切ることにもなります。車の需要が増えれば増えるほど、新しい道路や高速道路の需要が増えます。また、道路の傷み具合も進行し、修繕が必要になります。こうした新しい道路を建設するために政府は緑地を切り開かなければならない場合も多く、地域の生物多様性を破壊します。

化石燃料への依存を減らす

燃料効率の向上も、持続可能な乗り合い交通を利用するメリット。持続可能性という点では、バスやフェリー、電車を利用する人が増えることで、化石燃料への依存度を下げることができます。また、公共交通機関を選択することで、公共交通網の改善にもつながり、観光客や地元の人々にとってもより良いシステムが作られることにつながります。


環境にやさしい共有交通機関を利用することは、地球の健康だけでなく私たちの健康にもつながります。大気汚染や騒音が減ることで、人間はより良いライフスタイルを送ることができ、健康上の問題も少なくなりますね。言うまでもなく、地球の健康を改善することは地球上の生態系、つまり他の野生動物や海洋動物の健康も改善します。これからの旅行では意識的に公共交通機関を活用してみてはいかがでしょうか。

環境にやさしい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら