飛行機マニアにはたまらない!?コスタリカのユニークな飛行機ホテル
エコホテル・エコロッジ,  中南米

飛行機マニアにはたまらない!?
コスタリカのユニークな飛行機ホテル

コスタリカは、手付かずの自然や環境に配慮した旅が好きな人におすすめの国。コスタ・べルデが運営するユニークな飛行機ホテルは、自然の中に滞在したい人にも、人とは違うユニークな体験をしたい人にもぴったりです。

2015年時点で、電力の99%を再生可能資源で生産し、毎年カーボンニュートラルの目標を達成し続けているコスタリカ。50万種以上の生物が生息するコスタリカの重要な生態系を保全するため、国をあげて取り組んでいます。

中米コスタリカはカリブ海と太平洋の両方に海岸線を持ち、起伏に富んだ熱帯雨林が多く存在します。そしてコスタリカといえば生物多様性、美しいビーチ、そして火山。国土のほぼ4分の1は、この地域の野生動物のために保護されている土地であるコスタリカ。特に北米から多くの旅行者が訪れています。エコツーリズムは、観光産業の主要な活動の一つです。

コスタリカにはたくさんのサステナブルなホテルがありますが、今回はそのユニークな外観で一際目立った存在である、ケポスにあるコスタ・ベルデのホテルをご紹介します。

コスタ・ベルデ・ホテル:コックピット・コテージと727型機の機体

コックピット・カバナ Credit: Hotel Costa Verde

コスタ・ベルデのユニークなホテルは、コスタリカのケポスのビーチからわずか9分。ホテルから最も近い都市はサンホセから車で約3時間。飛行機、バス、車でアクセスすることができます。

このホテルのユニークポイントは、何といっても実際の飛行機をホテルにしてしまったところ!コックピットコテージ727型機の胴体部分の2種類の客室があり、ジャングルの中で本物の飛行機をアップサイクルしたホテルに滞在することができます。ジャングルの中に滞在といっても、なんとオーシャンビュー!海とジャングル両方楽しむことができるなんて贅沢ですね。727型機の胴体を使った客室は、オープン以来世界中のテレビ番組や雑誌で紹介されています。このユニークなホテルには、クイーンサイズのベッド、プライベートバスルーム、簡易キッチン、オーシャンビューテラスを備えた2つのエアコン付きベッドルームがあり、727型機の胴体部分の方がより広いお部屋となっています。

サステナブルな取り組みも本気

727型機の胴体部分 Credit: Hotel Costa Verde

コスタ・ベルデの飛行機ホテルは、見た目がユニークなだけではありません。コスタリカの多くのエコリゾートと同様、もしくはそれ以上に環境に配慮したサステナブルな運営に力を入れています。飛行機を活用した客室以外にもお部屋があるコスタ・ベルデですが、施設全体でリサイクルし、農薬は使用しないという取り組みを行っています。飛行機ホテルもまさにこのリサイクルの発想から生まれたもの。このホテルは、727型機の機体のように見捨てられたものを、魅力的な価値あるものに変えることに力を入れています。また リサイクルだけでなく、コスタ・ベルデは毎年1万本の草木を植え、野生動物のための多様な生態系を作り出しています。 

さらに、エネルギー効率の良い電球、太陽熱を利用した温水器、排水の再利用、雨水の収集など、環境に配慮した取り組みは、ホテルの敷地内全体で行われています。敷地内には20エーカーの森林保護区があります。そして、コスタ・ベルデの飛行機ホテルは、地元の人々や旅行者のために地域の環境を美しく保つため、ビーチクリーンアッププログラムも支援しています。また、ホテル内の木工所で、家具や照明器具のほとんどをこの地域の自然倒木で作っているのです。

コックピット・カバナ Credit: Hotel Costa Verde

コスタ・べルデは、サステナビリティへの取り組みにも力を入れているユニークなホテル。世界でもユニークなホテルなので、ソーシャルメディアにあげたら注目されそうですよね。人とはちょっと違う体験をしたい、思い出に残る特別なひと時を過ごしたいという人も、このユニークな飛行機ホテルに滞在しに行ってみてはいかがでしょうか。

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.