最新技術は旅行にも!環境に配慮した乗り物で旅しよう
サステナビリティ

最新技術は旅行にも!環境に配慮した乗り物で旅しよう

近年、人類が環境に与える影響の認識が高まり、環境と生活のバランスを取れるようにさまざまな分野で技術が発展を遂げています。地球は時間の経過とともに徐々にバランスを崩してきており、母なる自然の状態を少しでも改善しようとするのは、今や人間としての責任であると言えるでしょう。そんなわけで、化石燃料を使用する従来の方法とは異なる動力源を使用する技術が進化してきており、旅行中の二酸化炭素排出量を削減するのにも役立っています。

乗り物でよく使われる再生可能エネルギーといえば、太陽光発電と電力。これらの電力を利用した乗り物は、すでに流通しているものもあれば、まだ開発段階にあるものもあります。

電気自動車

電気自動車は、よくあるガソリン車やディーゼル車の代わりのレンタカーとして、旅行中に利用することができます。電気自動車は汚染物質を排出せずに走行するという点で非常にクリーンですが、電気自動車でドライブ旅行をする場合は、ルート上のどこで充電するかを事前にチェックして計画しておいた方が良いでしょう。電気自動車へのニーズが高まるにつれて、その技術も改良されてきています。今後、電気自動車のドライブで充電が必要になるまでに走行できる距離もより長くなり、二酸化炭素排出量を心配することなく旅行できるようになるでしょう。

ソーラー飛行機

従来の観光用ジェット燃料飛行機に取って代わる、安全で安定したソーラー飛行機を作る計画が進行しています。現在のところ、ソーラー飛行機の最大の問題点は、その機能が天候に大きく左右されること。つまり、天候が私たちに有利に働かなければ、飛行機は高度に到達するのに苦労する可能性が高いということです。また、かなり小型で、操縦にはかなり熟練を要するソーラー飛行機。そのため、このコンセプトは環境的に安全な空の旅という素晴らしいアイデアではあるのですが、ソーラー飛行機を従来のタイプに置き換えて旅に使用するのは、もう少し先の話になりそうです。

電気ボート


小さなツアーガイド用のスピードボートから、巨大なクルーズや旅客フェリーに至るまで、ボートは旅行中の人々の移動手段として世界中で利用されています。実は、電気ボートもすでに世界中で利用されているのを知っていましたか?電気ボートは騒音も少ないため周囲の環境にもやさしく、燃料汚染の軽減に役立ってます。

バーチャルリアリティ

乗り物ではありませんが、最新技術を使って行ける旅行といえば、バーチャル旅行。VRを使った旅行体験は、バーチャルであるため、二酸化炭素は全く出ません。バーチャルリアリティの技術を使えば、自宅を出ずに地球上のほとんどのデスティネーションを訪れることができます。バーチャル旅行はコロナ禍以来人気が高まっているようです。


これから持続可能な旅行の選択肢はますます増え、観光でも利用できるようになるでしょう。特に環境への影響が大きいと言われる飛行機においては、太陽光や電気で動くものが商用化される日が早く来るといいですね。

環境にやさしい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら