アマゾンの先住民族の人々とその文化を保全するサステナブルツーリズム
体験,  文化体験

アマゾンの先住民族の人々と
その文化を保全する
サステナブルツーリズム

アマゾンの熱帯雨林は、地球上で最大規模の熱帯雨林。今知られている生態系の10%以上はこのアマゾンにあります。9か国及び3,000以上の先住民族の領土にまたがっており、うち60%はブラジル領に、13%はペルー、10%はコロンビア、残りはエクアドルやその他の地域にあります。

昆虫や植物、鳥、サルやジャガーなど様々な生物が生息するアマゾンの熱帯雨林には、約100万人もの人々が暮らしています。そして、大自然の中で生きるアマゾンの先住民族の人々も、収入源として現地でツアーやホテルを営んでいます。

アマゾンの先住民文化

動植物の多様性もさることながら、この地に住む人々もアマゾンの魅力の一つ。アマゾンの熱帯雨林には、400を超える部族が暮らしています。中には人里離れた場所に住んでいるため、旅行者に住居地区を開放していない部族も。しかし、その他多くの部族はサステナブルツアーや地元での滞在を通じて、旅行者にコミュニティを開放しています。 

今日、アマゾンの先住民族の多くは先住民保護区で暮らしており、伝統的な生活様式と現代的な生活様式が融合したライフスタイルを送っています。彼らの生活に触れるツアーも多く、アマゾンで過ごしながら地元のコミュニティと交流する機会も。中には料理教室といったユニークなツアーもあります。

多くの先住民族は、アマゾンの観光や産業の増加により、森林伐採などの悪影響に悩まされてきました。過去には、探検家や旅行者が人里離れた場所に暮らす先住民族に病気を持ち込んだこともありました。これ以上の被害を抑えるために、アマゾンの先住民族と観光産業の相乗効果を維持しながら、彼らの文化を保護していくサステナブルな観光を推進することがカギとなっています。

アマゾンでのサステナブルな観光

環境に配慮し、現地の人々に貢献するサステナブルな旅行は、ブラジルやペルー、コロンビア、エクアドルを訪れる多くの人々にとって魅力的な旅行の形態。アマゾンの人々の文化に触れつつ、彼らが住む地域を傷つけることなく旅することができます。

今までアマゾンのエコツーリズムは先住民の人々が中心となり、この土地を傷つける観光に取って代わり、外部の人々に地域の習慣を教育するために行われてきました。過去には、地域社会のニーズをあまり考えずに、地域の生態系を破壊するような旅行が多く見られたのです。

旅行で現地の先住民族の生活に触れたいのなら、サステナブルな運営をしているホテルやツアー会社で旅を予約しましょう。

アマゾンの熱帯雨林へ旅をするなら、先住民族の文化保全を第一に考えたエコツーリズムがおすすめ!

レスポンシブル・トラベルという会社のツアーでは、エクアドル、アンデス、アマゾンを探索しながら、その地域の村々を訪問することができます。旅行者はアマゾンの先住民族の文化に触れることができ、サニ族との昼食も含まれています。数日間のツアーで、人里離れた農場を体験し、地元料理のレッスンを受け、オタバロ地方をトレッキングすることができます。

ボナンザツアーはペルーのマヌーにある家族経営のツアー会社。ツアーを通して自然保護を推進し、エコロッジや地元料理、ツリークライミングやキャンプ、写真撮影、トレッキング探検をすることができます。このツアー会社は、ジャングルの地元コミュニティに恩返しをするために、オフシーズンやハイシーズンには、マヌ公園の清掃を行うなど、地域に密着した取り組みを行っています。

アマゾンの先住民族の文化を知る旅は、サステナビリティが重要なポイント。アマゾンを訪れるなら、現地の先住民族の人々が行う、現地の文化や人々を尊重したツアーを探して申し込んでみましょう!

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.