アマゾンだけじゃない!ブラジルで現地にやさしい旅をしよう
中南米

アマゾンだけじゃない!ブラジルで現地にやさしい旅をしよう

広大で多様な生態系を持つブラジルは、自然好きや冒険好きにとって夢の国。近年、ブラジルの観光はより持続可能なものへと変化しています。ブラジルでは、唯一無二の自然を保護しながら忘れられない体験ができるエコツーリズムを推進しています。

ブラジル観光の変遷

歴史的に、ブラジルの観光はたくさんの人が一気に訪れるマスツーリズムを特徴としており、環境の悪化や文化的に悪影響を及ぼしていました。しかし、最近では自然遺産を保護することの重要性を認識し、持続可能な観光への取り組みを優先し始めているブラジル。環境問題だけでなく、責任ある観光が経済的・社会的利益につながるということを認識したところから始まりました。

ブラジルにおける持続可能な取り組み

ブラジルでは、持続可能な観光の目標を達成するために、数多くの取り組みが行われています。

– マトグロッソ・ド・スル州観光財団

マトグロッソ・ド・スル州観光財団は、「ボニート・カーボン・ニュートラル」プロジェクトを通じて、二酸化炭素排出量の削減に積極的に取り組んでいます。世界初のカーボンニュートラルな旅先として有名なボニートは、2030年までにカーボンニュートラルを達成するという同州の目標に向かって積極的に取り組んでいます。詳細はこちら

– 持続可能な開発計画

Raízes Desenvolvimento Sustentávelは、地域開発と社会的エンパワーメントに焦点を当てることで、社会から疎外されたコミュニティを向上させ、社会経済的多様性を促進するよう努めています。ブラジル国内外に70以上のプロジェクトを展開するライゼスの取り組みは、持続可能な観光事業などさまざまな分野に及んでいます。

民間企業も持続可能性に向けた活動に参加しており、多くのツアーオペレーターや宿泊施設が環境に優しい慣行を採用しています。アマゾンの熱帯雨林の中心に位置するエコリゾートから、パンタナールの湿地帯におけるコミュニティ主体の観光の取り組み(詳しくはWild Planet Adventuresをチェック)まで、責任ある旅行で本物の体験を求める旅行者には多くの選択肢が用意されています。


ブラジルのエコツアー

ブラジルには、この国の豊かな自然遺産を訪れるさまざまなエコツアーがあります。アマゾンの熱帯雨林では、ガイド付きのジャングルトレッキングでエキゾチックな野生動物に出会い、先住民の伝統文化を学び、自然保護活動に貢献することができます。

海洋生態系に興味のある方には、フェルナンド・デ・ノローニャやアブローリョス群島でのシュノーケリングやダイビングで、生命が息づく生き生きとしたサンゴ礁を探検してみるのはいかがでしょうか。

大西洋岸の森林地帯では、バードウォッチングやハイキング、キャノピーツアーなどのアクティビティを通じて、生物多様性の生態系を探検することができます。そして、世界最大の熱帯湿地帯であるパンタナールでは、ジャガーやオオカワウソ、カピバラや無数の鳥類を自然の生息地で観察することができます。

ご紹介したツアー以外にも、ブラジルでのエコツアーは、Travel Localで見つけることができます。Travel Localは、旅行先のエキスパートと直接つながる会社。また、ブラジルはグラスゴー宣言に署名しており、2030年までに排出量を50%削減し、2050年までにできるだけ早くネット・ゼロを達成することを公約しています。


ブラジルでエコアドベンチャーを体験しに行こう

ワクワクするような体験と持続可能性を組み合わせたブラジル旅行を考えているなら、ブラジルのエコツアーに参加してみてはいかがでしょうか。アマゾンの熱帯雨林をトレッキングしたり、透明度の高い海でシュノーケリングを楽しんだり、パンタナールで野生動物を観察したり、ブラジルは自然好きの旅人に忘れられない体験をさせてくれます。ブラジル旅行に行くなら、息をのむような自然の美しさに浸りながら、自然保護活動や地元コミュニティの支援に貢献しながら旅してみませんか。

ブラジル旅行中にアマゾン熱帯雨林を訪れたい人は、こちらの記事もぜひご覧ください。

環境にやさしい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら