長期で民泊!地元の人のように暮らしてみよう
エコホテル・エコロッジ

長期で民泊!
地元の人のように暮らしてみよう

リモートワークが増えてきた今、世界では一度に数ヶ月間、異なる都市に住んで仕事をするために長期旅行をする人も多くなっています。デジタルノマドとして異国での滞在を楽しみながら仕事をしている人も、仕事で国内の他の都市に長期滞在する必要がある人も、Airbnbや民泊を利用すると、さまざまなメリットがあっておすすめ。ホテルの滞在も快適ですが、地元の人の家に滞在する方がより健康的で、より本物の体験ができます。今回は、長期滞在にぴったりの民泊についてご紹介します。

どこに行くにしても、長期の旅行には短期の旅行とは違う課題があります。何よりもまず、長期滞在のための荷造りはストレスがたまるもの。そして新しい土地でのライフスタイルに適応するのも、同じくらい難しいことです。長期で旅行すると、旅というより現地で『生活』するという方が正しいかもしれません。楽しく快適に過ごすためにも、旅の前にできる限りの準備をしておきたいものです。

徹底的にリサーチすべし!

宿泊先を予約する前に十分なリサーチをすることは、必須と言えるでしょう。滞在期間が長いので、正しい(または間違った)場所を選ぶと、現地の生活に大きな影響があります。

特に口コミは要チェック。ネガティブなコメントのある場所はなるべく予約したくないですよね。肯定的なコメントが多いところは、たくさんの人たちがそこに滞在して楽しい経験をしているということなので、口コミ情報のボリュームもチェックしましょう。

毎日の生活に大きな影響を与えるのが、立地。仕事の長期滞在で滞在先から通勤が必要な場合は職場からの時間も大切です。そして、夜も賑やかなエリアに滞在したら楽しそうと思うかもしれませんが、バーやナイトクラブのすぐそばに滞在するとうるさくて眠れないかもしれないですよね。そして滞在先の周りにレストランやカフェがあるかどうかも、意外と大事です。

民泊のような普通の家タイプの滞在先は、洗濯機や食洗機があることもチェック。使いやすいキッチンがあると、外食費の節約にも役立ちます。家で洗濯ができると、たくさん服を持っていかなくても済むので荷物も軽くなって助かります。

スマートな荷造り


長期旅行で重要なのがパッキング。長期滞在になるので、いつもの旅グッズだけでなく、現地でも使えそうな日常の必需品も詰め込みましょう。

服装は、折りたたんでもシワになりにくい服やかさばらない服、そして仕事にもレジャーにも使えるような服が良いでしょう。長い間いると気候も変わるかもしれないので、どんな天候にも対応できるように準備しておきたいところです。

電子機器や医療品など、特別なニーズがある場合は、忘れずに持っていきましょう。高額なものやレアなものは現地で手に入りにくい可能性があります。長期滞在になるため、洗面用具やシャンプーなどかさばるものは、いつも使い慣れているものにこだわりがなければ現地で購入することもできます。

地元のマーケットやスーパーを探索する

はっきり言って、毎食外食は栄養的にも経済的にも良くない。週末の旅行であれば、毎食レストランで食事をするのはまったく問題ない。しかし、それを長期にわたって続けるのは無理がある。近くのスーパーに精通すること。ファーマーズ・マーケットに行くのもいい。

アクティブ&ヘルシーに過ごせるか

滞在中はアクティブに過ごして、健康を維持しましょう。全国規模のスポーツジムに所属しているなら、滞在地の近くにそのジムがあるか調べてみましょう。また、日帰りや体験ができる現地のジムを事前に調べておくのも良いでしょう。もしない場合は、特別な器具を必要としない、自宅でできるワークアウトのビデオを探して準備しておきましょう。

普段しているフィットネスを続けることは、心を落ち着けることができ、気分も良くなります。天候に恵まれたら、ウォーキングやジョギング、サイクリングをすると、現地の景色を楽しむことができますよ!

予算を決める

渡航前に滞在期間全体の予算を決め、余裕を持たせておきましょう。旅先で長い時間を過ごすと、何かと出費がかさむもの。

お金が必要になるものはすべて考えておき、食べ物や飲み物などの費用を抑えるための計画を立てておこう。タクシーは高額になりがちなので、安価な移動手段を見つけておきましょう。

 

予約前に場所と交通手段を検討する


長期間滞在する場合は、自分のニーズに合った場所を見つけたいもの。公共交通機関やスーパーなどに近い場所かどうかもチェックしましょう。Google Mapsで検索すれば、そのエリアで使える交通手段を確認することができます。

ホストとオープンなコミュニケーションを保ちつつ、境界線に気を配る

滞在中はホストとコミュニケーションをとってみましょう。直接話してみると意外とスムーズに対処してくれたり、何か理由があってそうなっていることがわかったりすることがあります。何か問題が発生した場合は、必ずホストに連絡しましょう。なぜなら、掲載されていることに基づいて宿泊施設を提供するのはホストの責任だからです。

キャンセルポリシーをチェックする

長期休暇や出張の直前や旅行中に状況が変わる可能性もあるため、事前にキャンセルポリシーをチェックしておきましょう。長期滞在の場合、ホストや物件によって異なるポリシーが適用されることもあります。予約メールやサイトに記載されている規約を確認し、賃貸契約書をしっかり読んでおきましょう。細かい文章を読むのは好きではないという人が多いと思いますが、いざという時に役に立ちます。

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *