自然や文化を堪能!メキシコでサステナブルな旅をしよう
中南米

自然や文化を堪能!
メキシコでサステナブルな旅をしよう

美しいビーチや古代遺跡など、世界中の旅行者に人気の旅行先であるメキシコ。実は、多様な生態系や自然も豊富でエコツーリズムスポットとしても人気があります。

グローバル・エコツーリズム・ネットワークによると、エコツーリズムとは「環境を保全し、地域住民の福利を維持し、訪問者、スタッフ、訪問先の関係者すべてに解釈と教育を行い、知識と理解を生み出す自然地域への責任ある旅行」のこと。

メキシコのエコツーリズムは、多くの国と同様、現在も整備を進めている最中で、まだ完全には整っていません。そのためメキシコをサステナブルに旅行したい!という人は、事前の情報収集が大切です。

メキシコの観光事情 

メキシコの観光業は、2018年から2019年にかけて8.59%成長しました。

年間2,000万人以上の旅行者が訪れるため、そのままにしておくと生態系を破壊する可能性も。そのため、同時に環境保全の取り組みも進めています。例えば、オオカバマダラ生物圏保護区は、価値ある保護区として有名ですが、保護価値を地域経済と調和させていくため、政府と地域住民との継続的な対話が行われています。

メキシコには、ユネスコのラテンアメリカ・カリブ生物圏保存地域のうち、エコツーリズムにとって重要な42の保護区があり、国土の12%以上を占めています。また、27のユネスコ世界文化遺産があり、観光地としての人気の高まりと同時に保全のための資金を受け取っています。

2019年時点で、メキシコで観光業に従事している人は人口の8.6%。観光業の大部分を占めるのはカンクンなどの大規模なリゾート地ですが、国内には他にも多くの観光地があり、経済に貢献しています。

メキシコのエコツーリズム事情

メキシコでは、文化的・環境的側面からエコツーリズムを推進するプログラムを数多く実施しています。

2001年にスタートした「マジカル・タウン・プログラム」は、メキシコ観光局が各地の町に旅行者を呼び込むために実施している、観光による地域活性化対策。文化、先住民族の工芸品、自然、歴史的な特徴を持つ町が認定され、それぞれ審査を経て132の町が認定されました。認定された町はPueblo Mágico(マジカル・タウン)と呼ばれ、市民や地域が観光の恩恵を受けられるような資源を提供しています。

例えば、クエツァランは紀元前200年に設立された山間部の小さな町で、様々な祭りや先祖伝来の伝統文化、青空市場などを開催し、旅行者を惹きつけています。また、環境保全のプロジェクトで有名なマスンテでは、旅行者が参加できるウミガメの保護活動をしています。

地方では、エヒード(村民が共同で所有し、耕作する土地)や協同組合が運営するツアーに参加できることも。小規模なローカルツアーでは、出会う人すべてが周辺コミュニティの村人。リアルな現地文化に触れることができます。

ローカルの協同組合は小さなボートに乗る体験や遺跡のガイドツアーなどで、大手旅行会社に対抗。チアパス州、オアハカ州、キンタナ・ロー州、ユカタン州では、協同組合のネットワークが特に発達しています。

どんなメキシコ旅行がしたい?

ビーチ、自然の中でハイキング、文化体験など、メキシコはどんな人でも充実した旅行をすることができます。

アクティブなアクティビティが好きな人におすすめなのが、セノーテ(石灰岩でできた水中鍾乳洞)。メキシコには、ユカタン半島のプラヤ・デル・カルメンの近く、リビエラ・マヤにあるセノーテ・アズールをはじめ、数多くのセノーテがあります。また、トゥルムの近くにあるセノーテ・カラベラは、他のセノーテよりも小さくて静か。ほとんどのセノーテは入るのに入場料が必要ですが、美しく透き通った水に満ちた洞窟は神秘的そのもの。訪れる価値は十分にあります。

ハイキングや文化体験に興味がある方におすすめなのは、メキシコシティの一地区であるソチミルコ。チナンパ(浮島を利用する農法)で有名な人気スポットです。葦などの水草を切り取って作った層と盛り上がった農地が、美しくユニーク景観を作り出しています。歴史的には、テノチティトラン(現在のメキシコシティ)に作物を供給していた場所で、花や農産物は今でも地元経済にとって非常に重要な生産物です。

また、メキシコではユニークな自然現象も体験することができます。1月から2月にオオカバマダラ生物圏保護区を訪れると、何百万匹もの蝶、オオカバマダラに囲まれることができます。

そして、カリブ海の北に位置するホルボックス島。人里離れた小さな美しい島です。地元の経済は漁業で成り立っており、車はほとんど走っておらず、ゴルフカートが主な移動手段となっています。また、近くにあるIsla Pajaros (鳥の島)は、様々な種類の鳥類が生息する自然保護区で、フラミンゴ、白トキ、白鷺など155種以上の鳥類やイグアナなどの野生動物が生息しています。この鳥の島は、人間が足を踏み入れることのできない、保護された野生動物の聖域となっています。

地理、気候、文化、歴史的に多様性に富んだメキシコは、サステナブルな旅人にぴったりのデスティネーション。今回はいくつかの例をご紹介しましたが、メキシコには他にもたくさんの観光スポットがあります。メキシコでエコフレンドリーな旅をしてみませんか?

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *