木の家
サステナビリティ

デジタルデトックスして旅に出よう

今年は、今までにないほど多くの人が在宅勤務をしていた1年でした。テレワークで仕事と家庭の境界線が永久に曖昧になり、1日のほとんどの時間パソコンや携帯をそばに置いて過ごしていた人も多かったのではないでしょうか。このパソコンや携帯などのデジタルデバイスとのアタッチメントは、常に他の人から連絡が来ているかもしれないという感覚を伴っている可能性があります。

常に同じ環境に身を置いて仕事をしていると、この感覚は休日でも高いストレスをもたらす可能性があります。もちろん、過度のストレスは健康に良くありません。そういった時は、意識的に「デジタルデトックス」をとることで、メールやソーシャルメディアから離れ、リラックスして楽しい時間を過ごせるかもしれません。

急用でなくても、メールや電話があると返信や掛け直ししたくなってしまいますよね。デジタルデトックスをすることで、そんな状況から自分自身を物理的に遠ざけることができます。休日にパソコンや携帯などのデバイスの電源を切って、持ち歩かず敢えて家に置いたまま出かけましょう。気を散らすことなく、どっぷりと自然に浸れば日頃のストレスも解消されます。

デジタルデトックスとは

デジタルデトックスとは、自分の持っているデジタル製品(スマートフォン、パソコン、タブレットなど)から自分を切り離し、そういったデバイスに費やす時間と集中力を利用して、生活や休日を楽しむこと。 デジタル製品から物理的に自分を切り離すことにより、友人、家族、自然や趣味とのつながりを育むことができる上、デジタルデトックスから数日の間にデジタル製品に費やされる時間を最小限に抑えることができる可能性もあります。

知らない間にスマートデバイスに依存してしまっていることに多くの人は気づいていないかもしれませんが、実際のところ、多くの人はその依存によってストレスを感じています。デバイスに多くの時間を費やすことなく、「今この瞬間、この場所」にフォーカスできるかどうかは、昨今マインドフルネスなどとも言われますが、多くの人ができていないことでもあります。

旅行でデジタルデトックス


日常生活の絶え間ないストレスや、メールやSNSなど現代のデジタルの世界に常に自分が存在する必要があるという、無意識の不安から抜け出すためにも、デジタルデトックスは効果的な方法です。

森の奥深くにあるような自然にどっぷり浸った宿泊施設は、非日常の空間を作り出すためにもデジタルデトックスの優先順位をかなり高く設定しています。もちろん、仕事上の緊急事態や重要な期限がある場合など、必要なときに「接続」できないがために重要なゲストを失うことは望んでいないため、多くのデジタルデトックス宿泊施設がインターネット接続自体は可能になっています。

でも実際は、まったく逆のことが起きているよう。 「デジタル・デトックス」が自慢の宿泊施設は、日頃少しもインターネットから離れることのできない人々が、深呼吸して自然を楽しむために使われることがほとんどです。こういった仕事漬けの人々は、実はデジタルデトックスを最も必要としている人々。人々は常に誰かと繋がっていたいからインターネットの前から離れないのではなく、周りの人々がすぐ対応してくれることに慣れてしまっているので、インターネットの前から立ち去ることができない人が多いのです。仕事で必要な時間以外は、スイッチを切り替えて要求から離れて自分の人生を楽しみたいですよね。

デジタルデトックスはすべての人に適しているとは限らない

デジタルデトックスについての調査の間、さまざまな仕事や生活状況にいる人々に、自然の中で休日を楽しむためのデジタルデトックスについて、どのように感じているかを尋ねてみました。最近テレワークによってプライベートな時間と仕事の時間の境界が非常に曖昧になっていたこともあり、多くの人はデジタルデトックスに賛成でした。しかし、デジタルデトックスがすべての人に適しているとは限らないのではないかという声も聞こえてきたのです。

ある回答者は、メールが何件来ているか、デバイスから離れているときに何が処理されていないのかを心配してしまうため、デジタルデトックスをして休日を過ごしても心配する気持ちの方が大きくなってしまうのではないかと答えました。

デジタルデトックスを勧めている宿泊施設では、必要に応じてインターネットに接続することができますが、その人がデジタルデトックス自体に苦しんでしまう場合、デジタルデトックスによってリラックスできないので意味がない可能性があります。

職場で高い責任を負っている人、もしくはちょうどその時期に仕事が忙しくなっていて休んでいる場合ではない、はたまたただのワーカホリックということかもしれません。ただ、デジタルデトックスの本来の目的である、デジタルを離して今この瞬間に集中して楽しむという目的を達成するためには、「今デジタルデトックスを実践して意味がある状態か」事前に確認する必要があります。形だけ行っても意味がないですから。

この休みに意識的にデジタルデトックスの日を作って、外に出かけてみませんか。精神的にデジタルから解放され、近場にある自然に浸ってリラックス。今年の疲れをリセットしてみてはいかがでしょうか。

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら