絶景を独り占めしよう! アメリカで訪れたい穴場の国立公園
サステナブルなアクティビティ,  北アメリカ

絶景を独り占めしよう!
アメリカで訪れたい
穴場の国立公園

大自然の国アメリカにはたくさんの国立公園があります。アメリカの壮大な大自然を味わうにはもってこいの国立公園。北米だけで63箇所もの国立公園があり、その面積は全体で2千万ヘクタールを超えるというから驚きです。

たくさんある国立公園でどこに行けば良いだろう?と考えた時に、まず考えるのが他の旅行者がおすすめしている国立公園。つまりみんなが行っていて良いと言っている人も多いところに、さらに人が集まります。

アメリカの国立公園で人気なのは、ザイオン国立公園やイエローストーン国立公園。しかし、人がそんなに訪れていないけれども素敵な国立公園が実はたくさんあるのです。多くの観光客で賑わう国立公園ではなく、ありのままの自然に出会える穴場の国立公園。

今回は、多くの旅行者が見落としている、アメリカの穴場の国立公園をご紹介します。

観光客の少ないアメリカの最高な国立公園3選

ノース・カスケード国立公園

ワシントン州の北部、カナダとの国境近くに位置するノース・カスケード国立公園。20万ヘクタール以上の面積を持つこの国立公園は、名前の由来となったノース・カスケード山脈の高山の中に位置しています。入口はシアトルから3時間ほどの距離にある州道20号線沿いにあります。

この国立公園は標高が高いため、ほとんど手つかずの状態で残っています。2018年の訪問者数はわずか3万人。しかし、その風景が非常に素晴らしいことから、アメリカで最も優れた国立公園リストの中に入っています。

観光客が少ないということは、それだけ濃厚な自然体験ができるということ。ノース・カスケード国立公園では、1,500種類以上の植物を見ることができます。さらに、数百種類の鳥類や、クーガー、オオカミ、タカなどの肉食動物など、多くの動物が生息しています。

キーナイ・フィヨルド国立公園

キーナイ・フィヨルド国立公園は、アラスカの南部、正確にはキーナイ半島に位置しています。この国立公園の何がそんなに魅力的なのかというと、一番の理由はハーディング氷原があること。この氷原は、面積77,700ヘクタールのアメリカ最大の氷原です。

キーナイ・フィヨルド国立公園では、公園の名前の由来となったキーナイ山が特に有名。さらに、北太平洋に伸びる氷河も見ることができます。この国立公園は広い範囲で氷に覆われているのですが、近年その氷河がどんどん後退しているのです。

氷河というと、一見観光客には敷居が高そうですが、この公園は1年中観光客を受け入れています(冬の間は車両の乗り入れが禁止されているので、多少の制限あり)。

ここでは、グリズリーベア、ツキノワグマ、ヘラジカなど、さまざまな固有の野生生物も見ることができます。海岸では、クジラやイルカなどの海洋哺乳類も見ることができるかもしれません。

グレート・サンド・デューンズ国立公園

アメリカのコロラド州にあるグレート・サンド・デューンズ国立公園。デンバーから南へ約230kmのところにあり、コロラド州の州道150号線の北端に位置しています。名前からもわかるように、この公園は巨大な砂丘で知られています。

このインパクトのある砂丘は、サングレ・デ・クリスト山脈とサン・ファン山脈の間に広がるサン・ルイス・バレーの北東部を中心に広がっており、その高さは約230メートル。北米大陸にある砂丘の中でも非常に高さがあり、絶景を楽しむことができます。

いかがでしたか?アメリカの数ある国立公園の中でも特におすすめの、穴場の国立公園を3つご紹介しました。どの国立公園もアメリカならではのユニークな大自然を間近に感じることができます。素晴らしい景色を独り占めしてみたい人は、是非訪れてみてください。

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.