バハマ旅行でエコツーリズム!カリブ海の自然を満喫しよう
北アメリカ

バハマ旅行でエコツーリズム!カリブ海の自然を満喫しよう

手付かずのビーチと豊かなカリブ海の生き物たちで賑わうバハマ。バハマは昔からビーチでのんびり過ごしたい旅行者の憧れの地でした。しかし、観光の急速な成長は環境問題を引き起こし、バハマも例外ではなく持続可能な観光へのシフトする道を選んでいます。今、バハマの観光はエコツーリズムへの転換が行われているところ。バハマの自然遺産を保護しながら、これからもずっと訪れる人が島の美しさを体験できるように取り組みが始まっています。

バハマの観光

バハマの観光業は、北米を中心に最高の旅先としての名声に後押しされ、飛躍的な成長を遂げてきました。しかし、観光客の急増は、環境に大きな圧力をかけ、デリケートな生態系や生物多様性を脅かしているのです。このままではいけない、と変化の必要性を感じたバハマは、こうした観光による負の影響を緩和し、観光の長期的な存続を確保するため、持続可能な取り組みに力を入れ始めました。

バハマにおける持続可能な取り組み


バハマ政府は、持続可能な観光を促進するために、さまざまな規制やプロジェクトを実施しています。例えば、エグズーマケイズ・ランド・アンド・シーパーク(Exuma Cays Land and Sea Park)のような海洋保護区は、海洋生物と生息地を保護するために活動を制限中。さらに、バハマ持続可能な観光トレーニングプログラムのような取り組みは、観光業の関係者や地域社会の人々、政府機関、および事業者が協力しながらコミュニティを教育し、団結するのに役立っています。

そして、もちろん現地の民間企業も持続可能性に向けた運動に参加しています。ザ・リトリート・ホテル・エレウセラなど多くのホテルやツアーオペレーターが、環境に配慮した対策に力を入れており、エネルギー効率の高い施設から廃棄物削減の取り組みまでさまざまな取り組みを行い、バハマのより持続可能な未来のために重要な役割を果たしています。

バハマでおすすめのエコツアー

シュノーケリング・ダイビング

シュノーケリングやダイビングは、海が好きな人にぴったりなサステナブルなアクティビティ。バハマの海は海洋生物でにぎやかなサンゴ礁が魅力。深いディーンズブルーホールやエグズーマケイズランドとシーパークの保護された水域、そして広大なアンドロス島のバリアリーフや魅惑的なナッソーブルーホールなど、バハマは海の驚異を感じられる息をのむようなスポットがたくさんあります。

ネイチャーウォーク

バハマは小さい島であるにも関わらず、自然が豊富!ルカヤン国立公園のトレイルや原始林国立公園で見られる手つかずの自然、ボーンフィッシュポンド国立公園ののどかな風景、レオンレヴィネイティブプラント保護区の珍しい植物、ランドネイチャーセンターに生息する多様な生物などなど、歩いて島の自然の美しさを探索するネイチャーウォークは体験の価値ありです。

野生動物・バードウォッチング

野生動物の観察に興味がある人には、エクスマ・ケイズへのエコフレンドリーなボートツアーがおすすめ。イグアナやスイミング・ピッグなどの在来種を自然の生息地で観察することができます。バードウォッチングの愛好家なら、絶滅危惧種のバハマオウムをはじめ、多様な鳥類が生息するルカヤン国立公園を探検してみましょう。

バハマにはエコツアーを運営する会社がいくつかあり、エコツアーに参加することで、自分たちだけでは経験できない貴重な体験をすることができます。 

アルティメットツアーバハマ

ウエストエンドエコロジーツアー

ロバーツ・アイランド・アドベンチャーズ

ブルーラグーン島

グランド・バハマ・ネイチャー・ツアー


バハマは自然を保全しながら観光を楽しむエコツーリズムを楽しむのにぴったりなデスティネーション。カリブ海でシュノーケリングにチャレンジするか、島の手つかずの森を探索するか、迷ってしまいますね。バハマに興味がある人は、エコツアーに参加してバハマの自然を環境に配慮しながら堪能してみませんか?

中南米への他のエリアへの旅行も考えているなら、中南米のエコホテルもチェック!

環境にやさしい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら