持続可能なキャラバン旅行3つのヒント
サステナビリティ

持続可能なキャラバン旅行
3つのヒント

最近人気のキャンプ。キャンプにも色々な形があり、グランピングから、バックパッキング、キャラバン旅まで、誰もがアウトドアでの体験を自分好みにアレンジして楽しむことができます。キャンピングカーを持つ人も増えているようなので、今回はより持続可能なキャラバン旅行に役立つカーキャンプのアイディアをご紹介します。

キャラバンキャンプって何?テントキャンプとの違いは?

キャラバンキャンプでは、テントの代わりに車の中で寝ます。テントを貼る必要がないので、身軽で快適なアウトドアを楽しむ方法です。車を停めて泊まることができるキャンプ場があるので、事前に探してそういったところに滞在することが多いようです。

キャラバンキャンプの環境面でのメリット

環境が整ったキャンプ場で行われることの多いキャラバンキャンプ。キャンプ場は人が使うところと自然が別れているので、野生生物の生息地や手付かずの自然が残る場所への追加的な被害を減らすことができます。また、テントやバックパックよりも収納スペースが広いため、再利用可能な容器や道具を持参しやすいと言えます。

持続可能なキャンプについて興味のある人は、「跡を残さないキャンプ」の7つの原則をお読みください。


キャラバンキャンプの環境面でのデメリット

キャンピングカーやキャラバンでのキャンプは、燃料などの資源を必要とします。車は大気汚染や温室効果ガスの排出の原因となり、遠隔地では道路やインフラにダメージを与えます。もちろん、電気自動車やハイブリッド車を使用することでこれを軽減することはできますが、高額でまだ少ないのが現状です。

また、自然に配慮しないキャンパーが紙皿やプラスチック食器などの使い捨てプラスチックを多用する可能性も。その場合はより多くのゴミを発生させる可能性があります。

では、持続可能なキャラバンキャンプをするためには何に気をつければ良いのでしょうか。環境にやさしくアウトドア体験を楽しむために、カーキャンプで実践すべき3つの秘訣をご紹介します。

使い捨ては避ける

紙皿やプラスチック食器、ペットボトルの水など、使い捨てのプラスチックを使うのは、持続可能なキャラバンキャンプとは言えません。食器洗いを省略するのは簡単かもしれませんが、環境にやさしくありません。より持続可能な旅をするには、再利用可能な水筒や毛布など、再利用可能な道具や消耗品を自宅から持参すること。そうすることで、ゴミを減らすことができますし、たまにしか使わないキャンプ道具を買う必要もなくなります。

持続可能なキャンプ場を選ぶ

キャンプ場選びは、キャンプ体験と環境に大きな影響を与えます。きちんと管理されたキャンプ場は、快適なだけでなく、持続可能性でもあります。管理されたキャンプ場を選ぶメリットは何でしょうか。

・周囲の野生生物や繊細な生態系を保護している

・指定された焚き火台を使用することで、森林火災の可能性を軽減できる

・トイレやゴミ処理施設などのゴミ処理設備に簡単にアクセスできるため、「跡を残さないキャンプ」が簡単にできる

適切にゴミを処理する

キャラバンキャンプでバックカントリーのキャンプ場に滞在する場合、ゴミはすべて持ち帰り、「跡を残さないキャンプ」を実践することが大切です。休憩所やビジターセンター、キャンプ場など、ゴミ箱のある場所にいる場合は、必ず適切な場所にゴミを捨てましょう。また、可能な限りトイレを使用し、人里離れた場所に屎尿やトイレットペーパーを放置しないようにしましょう。手付かずの環境と野生動物の両方に悪影響を及ぼします。


今回ご紹介したようなカーキャンプのアイデアを実践すれば、今までより環境にやさしくキャラバン旅行を楽しめるはず。今度カーキャンプに行く際は、必ず「跡を残さないこと」を心がけてみてくださいね。

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら