カラフルな家
エコツアー

エコツアーとは?
エコツアーに参加すべき10の理由

エコツアーの『Eco』 とはエコロジーのエコ。エコロジーとは、環境や自然、生き物の生きている状態や仕組みのこと。そして、エコツアーの『Tour』とは、ツアー、旅行のことです。

つまり、エコツアーはエコロジー+旅行。自然を観察・体験することでその仕組みや生態について学んだり、生物や自然環境の保護、遺跡や原住民の文化の保全に繋がるような活動をするような、環境に優しい旅行をすることです。

持続可能な観光を目指すエコツーリズムの概念として、大きく3つの柱があります。

●自然・文化の保全
●現地コミュニティへの経済的な利益還元
●旅行者の学習的経験

これらを満たした経験をツアー化したものがエコツアーです。

今回は、エコツーリズムに基づいたエコツアーに参加することで、旅行者として得られるメリットは何か?どうしてエコツアーに参加した方が良いのか?について考えてみたいと思います。



1.エコツアーで環境保護に貢献できる



エコツアー自体が環境保護ボランティア(植林やトレイル整備など)のような活動を含むものはもちろん、エコツアーの料金の一部が環境保護に使用されているツアーは経済的に環境保護に貢献していることになります。

また、多くの国立公園や自然保護区は入場料を取っており、それがその区域の環境保護、もしくは整備に活用されているため、間接的に環境保護に貢献していることになります。

2.エコツアーで文化保全に貢献できる



遺跡訪問や文化財の博物館の入場料、文化的な活動を見学してその対価を支払ったりするツアーは文化保全に貢献していることになります。

文化については、先住民との関係など現地でデリケートな問題であることもあり、ツアーそのものだけでなく、先住民が望むような形で文化が正しく伝えられているか、先住民の文化的な活動を配慮した上で、ツアーが組まれているか、ツアー主催企業・団体のポリシーなどを確認することが重要です。

というのも、オーストラリアのアボリジニの事例のように、先住民族は彼らに取って神聖なエアーズロックへ観光客が登山をすることを望んでいなかったり、北欧のサーミ族の文化を観光のアクティビティとしている企業が男性用衣装を女性が身につけていたりと誤った形で見せていることをよく思っていなかったりと、先住民族とコミュニケーションが取れておらず問題になっていることもあるからです。

3.エコツーリズムを意識することで、環境・文化に余計なダメージを与えない



旅行者自身がエコツーリズムを意識することで、環境や文化にダメージを与えないようにすることができます。例えば、ポイ捨てしない、海に悪い日焼け止めを使わない、動物に近づかない・触らない、現地の子供にむやみに物を与えない、直行便を予約し公共交通機関を利用することで、できるだけCO2排出量が少ない旅をする、などなど。私たちにできることもたくさんあるのです。

4.エコツアーで現地コミュニティに貢献できる



エコツアーが地元の企業や宿泊施設を利用しているかもチェックポイントです。ツアーガイド・レンジャーやエコロッジなどへの支払いは現地住民の収入・雇用であり、持続可能な観光に繋がります。

5.エコツアーで現地で取れた美味しいものを食べられる



地元で作られたものを地元で消費する『地産地消』。現地コミュニティに貢献でき、さらに現地で取れたものを必要な分だけその場で消費することから、食品廃棄も少なくCO2排出の減少にも効果があります。

そして、何より現地で作られたとれたて食材の美味しい料理を楽しむことができるのです。

6.エコツアーで地元のことをもっとよく知ることができる



エコツアーでは、国立公園、自然保護区を訪れる際、レンジャーと呼ばれるような地元ガイドと一緒に回ります。彼らは現地の文化や自然のエキスパート。地元のこと、そのエリアの自然・動植物について様々なことを教えてくれます。自分で回るより、もっと深くその地域のストーリーを知ることができるのです。

7.エコツアーの体験を通じて自分が成長できる



エコツアーに参加することで環境への意識が高まり、環境問題について、現地で起こっている問題について、客観的に日本をみて私たちはどうなんだろう、などなど、様々なことを頭で深く考えるきっかけになリます。

そういった気づきを通して、自分の成長を実感できるでしょう。

8.エコツアーで体験を通じて子供に教育できる



お子さんのいるご家族は、子供への教育という面も大きいでしょう。

子供は大人より敏感で、様々なことをどんどん吸収していきます。

特に今まで体験したことのない経験を通じて、子供の頃から環境への対応の仕方について学んだり、体験+環境保護の意義や毎日できるアクションを家族で話し合うことで、日本に帰ってから日常の行動に良い影響を与えることもできます。

9.エコツアーの口コミで他の人にも影響を与えられる



自分のポジティブな体験をSNSや友人に口コミとして伝えることで、他の人にもポジティブな影響を与えることができます。さらに、エコツアーに参加する人が増え、環境意識が高い人が増えることで需要喚起に繋がり、長い目で見ると観光業界自体をもっとエコに変えることができるのです!

全ては一人一人の行動の積み重ねです。

10.エコツアーで地球に良いことをした後は気持ちいい!



最後に、何よりも地球に良いことをした、今までより良い選択をした自分を誇らしく思います。その時実感が少なくとも、何度も続けていくことで「自分は環境に優しい旅をしている」という自覚が生まれてきます。

無理はしなくていいんです。意識することが大事。

どんなエコツアーがあるんだろう?今度はどんな素敵な体験ができるんだろう?と楽しくなってくるはず!

「自分一人だけがエコツアーに参加しても、インパクトはないんじゃないか」と考える人もいるかもしれません。確かに一人だけが行動してもインパクトは小さいでしょう。でも、同じことを海外旅行をしている全ての人、例えば18億人が実施したらものすごいインパクトになります。

情報が溢れ、選択肢が豊富にある今の時代、一人一人の選択がとても重要。情報を自分の頭の中でフィルターにかけ判断し、正しいと思うことをする人が増えれば増えるほど、インパクトも大きくなるのです。『ちりつも』です。

一つ注意したい点は、エコツアーという名前を掲げているにもかかわらず、実質エコツアーと言えない普通のツアーがあること!エコという名前がつくことで、なんとなくいいツアーのように見せているだけのツアーです。名前だけで判断せず、エコツーリズムのポイントである

●自然・文化の保全
●現地コミュニティへの経済的な利益還元
●旅行者の学習的経験

を取り入れたツアーなのか、きちんと内容を確認して自分で考えてから選ぶことがとっても大切! よく分からない場合は、エコツーリズム認証を取っている団体や企業、サービスを選ぶのも良いでしょう。

地球にも自分自身にもメリットの多いエコツアー、是非参加してみてください!



Ecotourism Worldでは、エコツーリズムやサステイナブルな旅についての情報をニュースレターとして配信しています。次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。ニュースレター配信登録はこちら