アメリカに行ったら泊まってみたいエコホテル
エコホテル・エコロッジ,  北アメリカ

アメリカに行ったら泊まってみたい
エコホテル

世界屈指の壮麗な自然を誇るアメリカ。美しい海岸線、そびえ立つ山脈、目が眩むような渓谷など、どこへ行っても楽しめること間違いありません。そんな自然豊かなアメリカには、環境保護に熱心なエコホテルやエコロッジがたくさんあります。エコホテルやエコロッジでは、太陽光発電や再生可能エネルギーの使用、有機栽培の庭園、リサイクルシステムの導入など、環境に配慮した取り組みを行っています。まさに環境に配慮しつつ旅行を楽しみたい人にぴったりな宿泊施設です。

今回はアメリカに行ったら泊まってみたいエコホテルをご紹介します。

アントラーズ・アット・ベイル

ロッキー山脈の中心、コロラド州ベイルにあるアントラーズ・アット・ベイルは、この地域で人気のサステナブルホテル。大自然に包まれたエコフレンドリーなホテルに泊まってみたい!という人におすすめです。

アントラーズ・アット・ベイルでは、電気自動車用の充電ステーションや、水の使用量の削減、ソーラーパネルの利用、シャンプーやコンディショナー、ボディソープやローションの詰め替え可能容器の使用など、数多くの環境に配慮した取り組みを行っています。

今日のように環境についての声が高まる以前から自然環境への取り組みを行っているこのホテル。1980年代には暖炉による煙害の問題に取り組み、ベイルの町に先駆けて、70台以上の薪暖炉を天然ガス使用に転換しました。

アントラーズ・アット・ベイルは、過去に「ベイルバレー・グリーンビジネスオブザイヤー」に選ばれたほか、サステナブル・トラベル・インターナショナルによる「アクティブグリーン」認定、トリップアドバイザーによる「グリーンリーダー」の認定を受けています。

ポストランチ・イン

Credit: Kodiak Greenwood

カリフォルニアに行くなら、ポストランチ・インに滞在してみてはいかがでしょうか?サンフランシスコから南へ約150マイル、美しいパシフィック・コースト・ハイウェイ沿いに位置するビッグ・サーにあるエコホテルです。

ポストランチ・インは、自然との共生をテーマにしており、施設はすべて天然素材で作られています。レッドウッドやオークの木の根を保護するために作られた高床式のツリーハウスは、急斜面に建てられており、素晴らしい海の景色を眺めることができます。

ロッジの電力の一部に再生可能エネルギーを使用しているポストランチ・イン。2007年にトリップアドバイザーの「世界の環境に優しい宿泊施設トップ10」で第3位に輝きました。

イン・バイ・ザ・シー

Credit: Inn by the Sea

メイン州のケープ・エリザベスにあるエコホテル、イン・バイ・ザ・シー。メイン州の魅力溢れる海辺の町を散策するなら、このホテルがぴったりです。

イン・バイ・ザ・シーでは、メイン湾で獲れた新鮮なシーフードと地元農園で採れた野菜を使った料理を楽しむことができ、セバゴ湖の水を再利用可能なボトルで飲むことができます。食べ残しなどの食品は堆肥化され、プラスチックはリサイクル、屋外プールの暖房にはソーラーパネルが使用されています。また、電気自動車の充電ステーションを無料で提供しています。

イン・バイ・ザ・シーはLEEDのシルバー認証や、メイン湾評議会の「 2017年 サステナビリティ・インダストリー・アワード」、そしてトリップアドバイザーの「世界の環境に優しい宿泊施設トップ10」など、さまざまなサステナブル認証やサステナブルな企業への賞を受賞しています。

アメリカにはサステナブルな旅行にうってつけの、素晴らしいエコホテルがたくさんあります。世界トップクラスの自然を気持ちよく探索しながら、その自然の保護に携わることができる、まさに一石二鳥ですね!アメリカに行って素敵なエコホテルに滞在してみませんか?

環境に優しい旅についてもっと知りたいですか?
次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。
Ecotourism Worldのニュースレター配信登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.